資産

財産分与に含まれる婚姻中の財産とは

離婚をする時になって、慰謝料よりも多くの問題を抱えているのが財産分与と言われています。
財産分与とは、婚姻中に夫婦として一緒になって貯めてきた財産を分けるということを言います。
夫名義になっている財産でも、妻の協力や貢献もあったと考えて、
名義が夫だとしても共同財産としてみます。

では、ここで紹介した婚姻中の財産にはどのようなものがあるのでしょうか?
大きく分けて3つに分類されています。
共有財産として見るものが、夫婦が一緒になって購入した財産のことを言います。
一例としては、共同生活時に必要としていた家具や家財などが上げられます。

次に実質的共有財産は、婚姻中に夫婦が一緒になって得た財産なのですが、
名義がどちらかになっているということ。
例えば、夫名義になっていたとしても、実質的には夫婦の共有財産となるんです。

最後に、特有財産ですがこれは、結婚する前の話になります。
なので、婚前に各自が持っていた財産や相続や贈与などで受け取った自己名義の財産などがあります。
これは原則として財産分与の対象にはなりませんので、あらかじめご注意ください。

分類はこのようになりますが、対象となる財産とは何かというと、
土地や家などの不動産関係、家具、自動車、生命保険、株券、退職金などがあります。
また、婚姻生活中に生じた借金は財産分与の対象になりますので、支払う事が義務となっています。

対象とならない財産としては、
結婚前から持っていた財産や夫婦の一方だけが使用している装飾品などです。

離婚後の夫婦トラブルを避けるためにも、前もって婚姻中の財産の確認をしておくといいと思います。
話し合いなどはする必要ありませんが、自分なりに前もって知っておくということは
大切なことになりますね。

自分に負担が掛からないためにも、トラブルなく離婚を成立させるためにも理解しておきましょう!
いつ、何が起こるかわからない自分のために知ってて損することはありませんよ。
また、こちらの財産分与で合意できない場合についての記事も参考にご覧ください。

Menu