資産

清算的財産分与はどんな時に使われる

離婚をするとなった場合に、夫婦生活をしていた中で
築き上げてきた財産をどのようにして分ける事ができるのでしょうか?
この様なものを平等に分け与えることを「財産分与」と言います。

法律的には性質の違いから
「清算的財産分与」「慰謝料的財産分与」「扶養的財産分与」などに分けることができます。

財産分与は、夫婦の共有財産ともいえるものを様々な状態から見て判断し、
公平になるように分けなくてはなりません。
ですが、何を基本にして判断するかなど、とても難しく範囲の広い内容になっているんですよね。

その中での一番多いのが「清算的財産分与」なんです。
これは、本当に基本の財産分与の方法で、
婚姻中に夫婦で一緒に購入したもの(家具や電化製品など)や稼いだお金(現金や預金)などは、
原則として夫婦の協力の下に築いた財産として考えられるので、財産分与の対象となります。

ではこの様な場合はどうすればいいでしょうか?
夫婦の方側の名義になっている財産はどうすればいいのかと言うと、
これも財産分与の対象として見ることができます。
なので、夫の名義になっているものでも、夫婦の共同財産分与として扱います。

離婚に関しての裁判では、財産を貢献度の割合に合わせて分配するといった法則があります。
ですが、貢献度については基準というものがないため、
裁判官の価値観などで結論が左右されてしまう事もあるそうなんです。

多いパターンとして、外に出て働き続けてきた夫は自分の貢献度を強く伝えようとするに対して、
妻は家事や育児に対して頑張ってきたんだ!という貢献度を主張しようとします。
このような場合、片方に有利なようにしてしまうと後からゴチャゴチャになるのは分かり切っています。

こういったトラブルが起きないためにも、
お互いに納得し合って折半といった結論になる事が多いそうです。

とは言っても、このような財産分与をする場合、何も分からずのまま立ち向かって怒鳴りつけるだけでは
何の問題も解決する事もできず、逆に問題を大きくしてしまう可能性もあるかもしれません。

少しでも内容を理解した状態で、話合いになった時に
しっかりと本音で話せるように準備しておいた方がいいと思いますよ。

Menu