資産

過去の婚姻費用を精算するには

離婚をする事になった時、一番問題となるのはお金に関してのトラブルなんですよね。
その他にも、子供のことや生活のことなど色々と考えてしまう事があります。
慰謝料よりもトラブルが多く、難しい問題として見られています。

しかし、離婚を決意して話を進めていくにあたって、必ず行わなくてはならない「財産分与」があります。
財産分与にも内容に応じた様々な種類がありますが、
その中で「過去の婚姻費用の清算」についてお話したいと思います。

始めに、財産分与とは、夫婦が共に生活してきた中で一緒になって築き上げてきた財産と言われています。
結婚してから購入したものなので、例えば、家や車、電化製品や家具などがありますね。
このように財産となるものを平等に分けるということを、財産分与と言います。

では、先ほど少しお話した婚姻費用についてですが、
同居・別居は関係なく夫婦として婚姻中は婚姻費用を分けなくてはいけません。
「婚姻費用分担請求」といった内容で処理するようです。

過去の婚姻費用なので、離婚が成立するまでの間別居していたとします。
別居していても、この間に掛かった生活費は婚姻費用となるので、相手に請求することができるのです。
また、財産分与と一緒にまとめて調整することもできます。

では、どのようなものが婚姻費用として認められるのでしょうか?
夫婦の生活費、夫婦の間にいる子供の養育費、出産費、医療費などがあります。
細かく見ると、この様な所まで請求することも可能になってくるんです。

知識を知っているのと、知らないのとでは金額にも大きな差が出てきてしまうと思います。
そのためにも、いざ何が起きても大丈夫なように、前もって確認しておくのもいいと思います。

離婚後、お金に関してのトラブルだけは起こしたくないですよね。
いつまでも、足を引っ張られないように、サッパリ納得して終わらせたいものです。

離婚には種類があり、法定ともなると内容もそれぞれに違いがあります。
また、離婚にはメリットもあればデメリットもあります。
よく内容を理解してから、話を進めていきましょう。

嫁姑の問題や親族や人間関係など周りの人に対しての影響も考えられるので、
自分の気持ちだけで簡単に決めるのではなく、しっかり周りを見てから決意してみて下さい。

Menu