資産

法的な財産分与の決まり事

婚姻中にお互い夫婦一緒になって築いた財産清算することを財産分与といます。
なので、離婚をするとなった時、慰謝料よりも問題が数多く発生するとも言われていることなんですよね。
例えば、名義が夫になっていたとしても、貢献や協力があったと考え夫婦の共有財産として見られます。
法律的に財産分与が意味とする範囲はとても広いものです。

法律的に認められている財産分与の性質はこのようなものがあります。
財産分与中心の「清算的財産分与」は婚姻中の共有財産や失質的共有財産のことを言います。

「扶養的財産分与」は、離婚をしてから生活ができなくなってしまう側の暮らしの維持をします。
弱い立場になり配偶者に支給されることが多いです。
例えば、病気を抱えている、高齢であるなどがあります。
支払期限は約3年と言われています。

また、精神的な疾患をもっているという配偶者に対しての財産分与では、
配偶者が死亡と確定されるまでの長い期間支払わなくてはいけないということもあります。
配偶者へ扶養的財産分与を支払う必要が有るか無いかは、その配偶者が持っている財産が基本となります。

「慰謝料的財産分与」は、離婚によって出る慰謝料のことを言います。

「過去の婚姻費用の清算」という性質となっています。
4つの要素をそれぞれ個別に見て考えたり、特に区別をしないで一括して考慮したりすることで、
財産分与の金額は 決められていきます。

内容としては、難しく感じることもあるかもしれませんが、
理解すればするほど財産分与についての内容がわかってきます。

離婚後、自分を不利にならなくするためにも、この財産分与は前もって確認しておいてもいいと思います。
法律的ともなると、わからない…といったままにしてしまいがちですが、
少しでも理解しておくことで、前に出る事ができます!

離婚中の法的内容は、険しく困難と言えます。
離婚をしてから、トラブルなど起きないようにするためにも、
内容を理解して納得できた状態で終わりにしたいものですね!

Menu