資産

扶養的財産分与はどんな時に使われる

離婚となった時、一番トラブルになりやすいのがお金に関わること、分与についてではないでしょうか?
とくに、慰謝料はもちろん、財産分与ということもあります。

財産分与とはあまり聞きなれた言葉ではありませんが、簡単に説明をすると、
婚姻中に夫婦で築いた財産を分けるということです。
なので、一緒に購入した家具や家電製品などもその中に入ります。

例えば、購入時の名義が夫になっていたとしても、
妻の協力や貢献があったから購入しているとみて、財産分与の対象となるんですね。

そこで、法律的には何種類の財産分与の方法があります。
その中で今回紹介したいのが「扶養的財産分与」についてです。

扶養的財産分与(離婚後扶養)とは、夫婦で築いた財産がほぼなしという状態で、
専業主婦をしていたとします。

その妻が離婚をするとなった場合に、これからの生活をしていくほどの収入を得る事もできず、
仕事もすぐには見つからないと思ます。

社会的にも立場が弱い女性として考えられて一人での生活は難しいとみて、
その生活費をサポートするという意味があります。
金額や期間に関しては状況によって変わってくるものなので、それに応じて確認して下さい。

では、どんな人が扶養的財産分与の対象となるのでしょうか?
これは、例としてですが、年齢や健康状態が大きく見られています。
小さい子供を一人で育てるということになり、養育に時間が掛かり職に就くことができず
生活が難しいというパターンもあります。
その他には、再就職の可能性や再婚の可能性なども上げられます。

逆に、扶養的財産分与が認められないという場合もあります。
生活を維持できる収入や資産があるといった人ですね。

読み返すと、本当にたくさんのことがわかってきました。
内容を理解しておくのと、分からないままにしておくのとでは、いざという時全然違いますよね。
前に出るためには、財産分与の確認など前もってしておくことをおすすめします!

Menu