資産

財産分与はどのくらい請求できる?

離婚をするとなった場合に、一番多いトラブル原因とも言われているのが「財産分与」なんですよね!
本当に難しい内容で、お金も絡んでくるのでどうしても話がまとまらず、
法廷へといったパターンもたくさんあるんですよ。
話し合いでスムーズに進めばいいですが、そうも簡単にはいかないんですよね…

財産分与は、婚姻中に夫婦で築きあげてきた財産、共同財産として見られます。
では、この財産分与は一般的にどれくらいもらえるのか、
どういったものを請求することができるのでしょうか?

いざ、離婚といった立場になった時に、何も知らないとうより少しでも知識があった方が、
強く出ることができると思いますので、是非知っておいて下さい!

財産分与の相場ですが、そんなに簡単に公表できるものでもないんですよね。
どれくらいのお金を請求できるかは、これまでの夫婦生活状況によっても大きな差が出てくるものなので、
いくらということはお伝えできません。

しかし、財産分与として請求できる物があります。
一番大きな物では、銀行預金ですよね。
そして、不動産(家・別荘・土地など)や生命保険があり、車や家電製品・家具なども含まれます。

ここで、注意したいことが借金なんですが、
夫婦生活の中で作った借金やローンは財産分与に含まれてしまうんです。
なので、お互いに分けて支払うといった形になりますね。
ただ、自分で勝手に作っていた借金に関しては、支払う必要はありません。

ここでご紹介した内容は、ほんの一例にしかなりません。
まだまだたくさんの財産分与はあります。
夫婦で分けることになる財産分与は、家庭によってぞれぞれ違ってきます。
持っているものや、共同財産となるものなど様々です。
前もって、これは絶対渡せないものや払ってもらいたいお金などもでてくると思います。

妥協はしないで、前向きに頑張っていきましょうね!
あなたにも、夫婦として生活したという実績があり、
貢献もしてきているわけなので、負ける事はありませんよ!

Menu